万人受けする脱毛器ケノンは、後悔しない脱毛器が欲しい人におすすめです

多くの電化製品が中国製だったり、アジア製だったりする中、ケノンは国産脱毛器になります。

「流石は国産!」と思うのは、高機能でありながら操作が簡単で、誰もが納得できる日本人万人に向いた脱毛器だと思う事です。

脱毛したい範囲がごく限られる人はもてあましてしまうかもしれませんが、色々脱毛してみたい部位がある人には間違いなく満足を与えてくれると思います。

個人的には、エステの全身脱毛に比べたら時間もお値段も削減できて、大変満足しています。

国産だからただ高いわけじゃない!意外とコスパも良い!

ケノンは決してお安い買い物ではありません。通常本体価格は、73,800円。

お値段するだけのことはあり、使ってみるとわかりますがとにかく使いやすくて高機能です。楽天で1位を取り続けているのも納得。

更に、カートリッジの面積が広くショット数が多いので脱毛がたくさん出来ます。

一見高そうに見えますが、脱毛出来る範囲が広い分、本格的に広範囲を脱毛したい人にはお得な商品になっています。

私の場合、キャンペーンで本体購入時にエクストララージカートリッジとラージカートリッジを1つずつ手に入れています。(美顔カートリッジももらっています)
ケノン カートリッジ
※画像はケノン公式HPよりお借りしています

2つのカートリッジを合わせるとレベル1で400,000発。レベル10でも23,043発照射できます。

私、色々な脱毛器のHPを確認したのですがこんなに細かく仕様を紹介しているHPはなかなかありません。それだけでもちょっと安心。

カートリッジのみを追加購入できる脱毛器はお得??

家庭用脱毛器の中には、本体まるごと買い替えが必要なものもありますが、ケノンはカートリッジを追加購入することができます。
ケノン カートリッジ

ケノンの追加カートリッジに関する記事はこちら↓
ケノンの追加カートリッジ購入は必要?不要?どっち??

追加で購入しなくても自分だけなら全身脱毛出来ると思いますが、家族やお友達とカートリッジを追加してシェアできるのはポイント高いです。

大人数で使えば、それだけ本体価格も割安になります。

本体使い捨てではないのが日本人には合ってると思います

家庭用脱毛器には、カートリッジの交換ができず、本体使い捨てになるタイプも存在します。

「全身が脱毛しきれるなら本体使い捨てでも問題ない。」と言えばそうなのですが、日本人の心情的にもったいない感覚ありませんか??

ケノンなら、カートリッジを追加購入できるので、自分が使い終わったら本体のみをお友達に譲っても良いのです。
ケノン

ケノンは脱毛効果もちゃんとあります

レーザー脱毛に比べるとフラッシュ脱毛の効果は劣ると言われていますが、実際に使ってみるとちゃんと脱毛効果も実感できます。

同じフラッシュ脱毛のエステと比較した場合、2~3ヶ月に1度に脱毛するエステ比べて、ケノンは自分の毛の周期で自由に脱毛できるので、完了時期はケノンのが早いです。これ、何気にポイントです。

ケノンとエステの比較記事はこちら↓
ケノンとエステの脱毛比較!ケノンならエステよりも早く脱毛が終わるは本当!?

実際、2週間ごとに脱毛を進めてきた結果、脱毛4回目突入の時点で、毛の生えるスピードや量に変化を感じていますし、生えてきたらすぐに脱毛すればよいので、無駄毛ぼーぼー期間もゼロで快適です♪

私のケノン脱毛記録はこちら↓
category ケノン脱毛記録

ケノンならヘッドが軽く、チャージも早く、脱毛が早い!

効果はあるけれど、操作が難しかったり重たかったり、時間がかかったりでは不満が募ります。

そのあたりも上手く作ってるな~と思うのがケノン。これ!といった不満が発生しないよう改良されてきた感があります。

ヘッドは軽く、操作はタッチパネルで簡単にできます。更にチャージもレベルが上がると多少時間がかかりますがストレスになるほどではありません。
ケノン

まとめ

まとめると、ケノンはちょっとお値段しますが、良いものが欲しい!広範囲を脱毛したい!という方にはおすすめの脱毛器です。

一方で、脱毛範囲が限られる方や、ちょっと家庭用脱毛器を試してみたい。という方にはお値段が高すぎる感があるのでおすすめできません。

どこを脱毛したいのか?どう使っていきたいのか?を考えた上で、気になる脱毛器を比較検討してみると本当に自分にとってお得な脱毛器が分かると思います。

私のように脱毛したい部位が多かったり、家族の中でシェアしたい人がいる場合は、満足できるお買いものになると思います♪

>>>ケノン公式HP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る