フラッシュ脱毛はレーザー脱毛よりもお肌に負担がかかるって本当??

私が使っているケノンを始め、家庭用脱毛器のほとんどがフラッシュ脱毛という方法を採用しています。

また、エステでの脱毛も全てフラッシュ脱毛です。

というのも、出力の高いレーザー脱毛は、医療機関でしか扱うことが認められていないためなのですが、レーザー脱毛の方がフラッシュ脱毛よりも肌への負担が軽いといいます。

本当?ということで少し調べてみました。

レーザー脱毛は、黒にピンポイントに反応するため無駄な反応がない

レーザー脱毛とフラッシュ脱毛の違いの一つに反応する対象の違いがあります。

レーザー脱毛は黒色にピンポイントに反応するので、ほぼ毛のみに反応し、反応した毛周辺が熱で焼かれて無駄毛が生えなくなります。

一方、フラッシュ脱毛はもう少し広い範囲に反応するため肌にもダメージを与えます。

脱毛器によってはカートリッジを交換するだけで美容機器としても使うことができるのは、フラッシュ脱毛の反応範囲がレーザーよりも広く美容としても使えるからです。
ケノン

まとめ

私自身、ケノンで脱毛をしていますが、高い出力で脱毛すると肌に乾燥を感じることもあります。
ケノン 操作画面

肌の乾燥は、数日で戻ってしまうレベルで気にしていませんが、人によってはダメージが大きくなるかもしれませんね。

肌が特に弱い人が家庭用脱毛器を選ぶ場合は、出力を小さくしたり、連続ショットのある機種やレーザー脱毛できる機種を選んで肌への負担を下げる工夫が必要です。

皮膚科での医療用レーザー脱毛も検討してみると良いと思います。

 レーザー脱毛ができる唯一の家庭用脱毛器についての記事はこちら↓
人気の家庭用レーザー脱毛器トリアを私が選ばなかった理由

>>>ケノン公式HP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る